米国関与は「中国への抑止力」 香港の著名民主派弁護士・何俊仁氏インタビュー詳報

産経新聞の取材に応じる香港の著名な民主派、何俊仁元民主党主席(西見由章撮影)
産経新聞の取材に応じる香港の著名な民主派、何俊仁元民主党主席(西見由章撮影)

 【香港=西見由章】香港の著名な民主派で弁護士の何俊仁・元民主党主席は産経新聞のインタビューに応じ、米国の香港問題への関与が中国政府による直接介入への抑止力になっているとの見方を示した。主なやりとりは以下の通り。

 --香港政府による「逃亡犯条例」改正案の正式撤回表明をどう評価するか

 「すでに千人以上が逮捕され、けが人も多数出ている。今になっての撤回表明は遅すぎた」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください