解読

無秩序化する東アジア 連鎖する危機、日本の進む道は 外信部長・渡辺浩生

現実を見据えた国家戦略必要

 世界の秩序が崩れ始めている。それは日本の危機でもある。止まらぬ北朝鮮のミサイル発射、日米韓の亀裂、中露の同盟化、香港は米中対立の“代理戦場”だ。日本の要は日米同盟だが、トランプ米政権の自国第一主義と来年の大統領選は視界を不透明にしている。無秩序化する東アジアを生きる日本に問われているものは何か。

                  

 外交問題や世界情勢を研究・提言する米国の「外交問題評議会」に、世界の紛争追跡サイトがある。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

「解読」はこちら