香港漂流

(下)押し寄せる中国人 目覚めた「意識」

香港北部・上水で、中国に運ぶため購入した商品を荷物に詰め込む客。店の前には客が持ってきたスーツケースがずらりと並ぶ(森浩撮影)
香港北部・上水で、中国に運ぶため購入した商品を荷物に詰め込む客。店の前には客が持ってきたスーツケースがずらりと並ぶ(森浩撮影)

 香港北部・上水。中国広東省深●(=土へんに川)まで数キロという小さな街だが、ここで毎日繰り広げられる“名物”がある。薬屋などの前で客が購入した大量の品をスーツケースに詰め込んでいる光景だ。

 ■爆買いで物価高騰

 客の多くは「水貨客」と呼ばれる中国への“運び屋”だ。中国で流通するブランド品や日用品は偽物が多く、香港の品は「本物」という信頼感がある。個人で使用する例ももちろんあるが、転売目的というケースも多い。