「韓国法相辞任は事実上の更迭だ」李相哲・龍谷大教授

チョ・グク氏(聯合=共同)
チョ・グク氏(聯合=共同)

 8月27日から9月2日まで産経新聞に掲載された「実録 韓国のかたち 番外編」で娘の大学不正入学疑惑などチョ・グク氏をめぐるスキャンダルが韓国を二分すると指摘していた李相哲・龍谷大教授にチョ氏の法相辞任の背景などを解説してもらった。

 韓国のチョ・グク法相が辞任した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に辞表を提出し、文大統領が裁可したという形になっているが、私は事実上の更迭だと思っている。チョ氏が法相のままでは政権の求心力維持も、来年4月の総選挙での勝利も非常に厳しくなると判断されたのだろう。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください