中国が北大教授を拘束 40代準公務員、9月の訪中時か

中国の習近平国家主席(右)と握手する安倍首相=6月27日、大阪市内のホテル
中国の習近平国家主席(右)と握手する安倍首相=6月27日、大阪市内のホテル

 【北京=西見由章】9月に中国を訪問した北海道大の40代の男性教授が、中国当局に拘束されたことが18日、日中関係筋の話でわかった。男性教授は日本人で、防衛省の付属機関である防衛研究所や外務省に勤務した経歴がある。スパイ活動など「国家安全危害罪」に関連する容疑を受けたとみられる。

 中国当局は2015年以降、スパイ活動に関与したなどとして少なくとも邦人の男女13人を拘束したが、いずれも民間人だった。一連の事件で準公務員である国立大学の教員の拘束が確認されたのは初めて。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください