解読

揺れる欧州…相思相愛の日仏 パリ支局長・三井美奈

 日本とフランスが外交で急接近している。米中対立や英国の欧州連合(EU)離脱騒ぎで世界が大揺れする中、互いに「頼れるパートナー」と見なしているからだ。日仏の信頼関係は、国民レベルで深まった「心の交流」が支えている。

                   

 ■インド太平洋で連携 対中牽制も

 フランスでの日本文化の浸透は、漫画やアニメ、和食の流行にとどまらない。10月半ば、三重県鳥羽市の海女、大野愛子さんを迎えたシンポジウムがパリで行われた。公共放送が現地で密着ルポ番組を制作。その背景を紹介した。

 大野さんが海女の写真を示して「この女性は80歳。今も現役です」と説明すると、満員の観客から「おお…」とため息が漏れた。万葉集や浮世絵に登場する海女の歴史が紹介され、会場を埋めた聴衆は「なぜこの仕事を選んだの」など、大野さんを質問攻めにした。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください