EU離脱の行方は 英総選挙、元議員3人が予想

サッチャー政権下で保守党議員を務めたEU残留派のキース・ベスト氏
サッチャー政権下で保守党議員を務めたEU残留派のキース・ベスト氏

 英国の欧州連合(EU)離脱問題が争点となる12月12日の総選挙は、英国の命運を大きく左右するだけに政界を引退した議員も注目している。英政治を研究する与野党3人の元議員に総選挙の今後の予想を聞いた。(ロンドン 板東和正)

離脱票」の分散

 サッチャー政権下で与党・保守党議員を務め、離脱問題を研究するキース・ベスト氏は「保守党の勝利はまだ保証されているわけではない」と指摘する。理由の一つに挙げるのが、ファラージ党首率いる新党「離脱党」の存在だ。5月の欧州議会選で国内第1党となった同党は全650選挙区で候補者を擁立する方針。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください