GSOMIA失効回避

池田徳宏・元海将「日米韓トライアングルの象徴」

元海将の池田徳宏氏
元海将の池田徳宏氏

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の判断により、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効は当面、回避された。協定が引き続き効力を有することの安全保障上の重要性などについて、池田徳宏・元海将に聞いた。

 自衛隊と韓国軍は以前から共同訓練などの防衛交流を続けていた。日韓の政府間には慰安婦問題などがあり、GSOMIAは他国に比べてだいぶ遅れた。韓国軍の人たちは苦労して3年前にようやく締結にこぎつけただけに、失効が当面回避されてひとまずほっとしているのではないか。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください