冷戦終結30年 ウォルフォウィッツ氏インタビュー 一問一答

ウォルフォウィッツ元国防副長官(黒瀬悦成撮影)
ウォルフォウィッツ元国防副長官(黒瀬悦成撮影)

 -マルタ会談で記憶に残る出来事は

 父ブッシュ大統領が(1989年に)就任した際、前任のレーガン大統領と旧ソ連のゴルバチョフ書記長が築いた友情関係は途絶する形となった。ブッシュ政権はゴルバチョフ氏の(ペレストロイカ=改革=やグラスノスチ=情報公開=などの)取り組みについて、一種のスタンドプレーだとみて懐疑的だった。

 しかし、マルタ会談のしばらく前の時点で、ゴルバチョフ氏はレーガン氏が提案した、欧州正面での通常戦力を米ソが同等の水準まで削減させるという構想に応じる考えであることが分かった。そこから米ソの軍備管理交渉が進展した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください