論点 英EU離脱

総選挙で英国はどこへ向かうのか

(左から)英国のジャックス・アーノルド元保守党議員、パリ政治学院のシルベン・カーン教授、帝京大の渡邊啓貴教授
(左から)英国のジャックス・アーノルド元保守党議員、パリ政治学院のシルベン・カーン教授、帝京大の渡邊啓貴教授

 英国の欧州連合(EU)離脱を主要争点とする総選挙が12日に実施される。世論調査では、早期離脱を訴えるジョンソン首相の与党、保守党が最大野党の労働党を上回り、有利に選挙戦を進めている。選挙の動向や英国政治の行方について英仏日の識者に聞いた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください