「軍事力」「ハイテク覇権」「人権問題」 NATOが中国に抱える課題 ファーウェイめぐり、足並み揃わぬ可能性も

建国70年を祝うパレードに登場した習近平国家主席の肖像画=10月、北京(共同)
建国70年を祝うパレードに登場した習近平国家主席の肖像画=10月、北京(共同)

 【ロンドン=板東和正】北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は4日、中国の軍事的な脅威に対し、一致して取り組むことで合意した。ただ、第5世代(5G)通信網における中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の扱いをめぐって加盟国の判断が割れる可能性があり、対中姿勢で足並みがそろうかどうかは不透明だ。

 NATOのストルテンベルグ事務総長は4日、首脳会議後の記者会見で「NATOの29加盟国が中国の問題について対処するのは、正しい方向への重要な一歩だ」と強調した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください