宮家邦彦のWorld Watch

方向性失う3つの最前線国家

シリアをめぐる合意を発表したエルドアン・トルコ大統領(左)とプーチン露大統領=10月、ソチ(AP)
シリアをめぐる合意を発表したエルドアン・トルコ大統領(左)とプーチン露大統領=10月、ソチ(AP)

 ウクライナ、トルコ、韓国。これら3国の共通点は何か。最近まで筆者の頭の中で3国の相互関連は希薄だったが、今年に入り3国は21世紀の国際情勢の隙間にはまり、迷走を始めたかに見える。

 トルコは一時中東全域と欧州の一部を支配したイスラム帝国、韓国は東アジアの儒教国、ウクライナは旧ソ連の一部で東方教会の国だが、皮肉にも、以前3国はそれぞれ属する同盟の優等生だった。