文大統領「香港や新疆は中国の内政」 首脳会談で習主席に配慮

握手する中国の習近平国家主席(右)と韓国の文在寅大統領=23日、北京(聯合=共同)
握手する中国の習近平国家主席(右)と韓国の文在寅大統領=23日、北京(聯合=共同)

 【北京=西見由章、桜井紀雄】中国の習近平国家主席は23日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北京で会談した。北朝鮮の非核化をめぐる米朝対話が中断し朝鮮半島の緊張が高まる現状について、文氏は「われわれ両国にも北朝鮮にも決して有益ではない」と危機感を示し、北朝鮮の後ろ盾である中国との「さらに緊密な協力」を要請。習氏は「朝鮮半島問題における中韓の立場と利益は一致している」と述べ、中国とロシアが主導する対北融和路線に歩調を合わせるよう事実上求めた。

 中露は最近、対北制裁の一部解除や米国、日本、韓国を含めた6カ国協議の再開を呼びかける決議草案を国連安全保障理事会に提出。韓国を引き込んで、制裁緩和に否定的な米国などを牽制(けんせい)したい考えだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください