論点 慰安婦合意違憲訴え却下

どうなる今後の日韓関係

(左から)李相哲氏、西岡力氏、李元徳氏
(左から)李相哲氏、西岡力氏、李元徳氏

 韓国の憲法裁判所は27日、日韓慰安婦合意を憲法違反だと認めるよう求める訴えを却下した。2015年12月28日の合意から4年。いわゆる徴用工問題など両国間にはさまざまな懸案がある。日韓の識者に憲法裁の判断や今後の日韓関係について聞いた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください