ソウルから 倭人の眼

慰安婦合意反故の二の舞か 徴用工問題で有無を言わせぬ韓国の“不文律”

安倍首相との会談に臨む韓国の文在寅大統領=24日、中国・成都(聯合=共同)
安倍首相との会談に臨む韓国の文在寅大統領=24日、中国・成都(聯合=共同)

 中国・成都で約1年3カ月ぶりに行われた日韓首脳会談では、いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決による日韓請求権協定違反の状態の早期是正を、安倍晋三首相が強く求めたのに対し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は解決策を示さなかった。請求権協定で解決済みの徴用工問題は、これを蒸し返した韓国側では自らはめた足かせにより、一方的に解決困難となっている。(ソウル 名村隆寛)

「韓国の責任で解決を」

 韓国最高裁判決で日韓関係が極度に悪化して以降初めてとなった会談で、安倍氏は文氏に「韓国が国家として日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作るよう求める。韓国側の責任において解決策を示してほしい」と伝えた。

 文氏は、問題の解決の重要性について認識し、早期に問題解決を図りたいとの考えを伝えたが、韓国大統領府の高官によると、文氏が「最高裁司法判断に韓国政府は関与できない」との基本姿勢も強く説明したという。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください