台湾・総統選

蔡氏、一国二制度拒否で支持拡大

台湾総統選で再選された蔡英文総統(共同)
台湾総統選で再選された蔡英文総統(共同)

 【台北=田中靖人】台湾で11日に投開票された総統選で、民主進歩党の蔡英文総統は「中国の圧力」に対抗し、台湾の「主権」を擁護する姿勢を強調し、史上最高得票で再選を果たした。就任当初は中台関係の「現状維持」を掲げ、中国を「中国」と呼ぶことすら避けていたが、昨年春から徐々に強硬姿勢に転じた。

 蔡氏は11日夜の記者会見で「今回の選挙結果は、民主的な台湾が武力による脅威に屈しないことを証明した」と高らかに宣言した。台湾の有権者が中国による統一の試みを拒絶したことで、中国の習近平国家主席が目指す「中華民族の偉大な復興という中国の夢」は大きくつまずいた。