周庭氏「香港長官の得票は台湾総統の1万分の1」 民主的な選挙実現へ戦う

香港でインタビューに答える周庭氏(藤本欣也撮影)
香港でインタビューに答える周庭氏(藤本欣也撮影)

 香港の民主活動家で、政治団体「香港衆志」(デモシスト)のメンバー、周庭(アグネス・チョウ)氏(23)が14日までに産経新聞のインタビューに応じた。台湾の総統選で再選を果たした蔡英文総統の得票数が、香港の林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官の得票数の「1万倍以上ある」と指摘し、「香港市民は自分たちの選挙システムがいかに民主的でないかを知った。普通選挙など民主主義の実現を目指して戦っていきたい」と語った。(香港 藤本欣也)

 --台湾の総統に再選された蔡氏の勝因は

 「7カ月以上続く香港のデモが台湾の選挙に与えた影響は大きかったと思う。台湾の民主主義を守らないと香港のようになる-という危機感が台湾の人々に伝わったのではないか」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください