論点 英ヘンリー王子の“王室離脱”

識者「明らかに勇み足」「過熱報道で家族優先」

(写真左から)君塚直隆氏(関東学院大教授)、三浦瑠麗氏(国際政治学者)、八幡和郎氏(評論家・徳島文理大教授)
(写真左から)君塚直隆氏(関東学院大教授)、三浦瑠麗氏(国際政治学者)、八幡和郎氏(評論家・徳島文理大教授)

 英王室は18日、ヘンリー王子(35)とメーガン妃が今春をめどに王室の公務から退くことを声明で発表した。王室から独立したいという王子夫妻による突然の「引退」意向表明を、エリザベス女王が認めた格好だ。王位継承順位6位の王子が主要メンバーから抜ける異例の事態に国内外で波紋が広がる。識者は今回の出来事をどう見るのか。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください