ASEAN有識者調査 6割が「一帯一路」に不信感 戦略的パートナーには「日本」が最多

 ASEAN外交を展開する中国の習近平国家主席(左)=17日、ミャンマー・ネピドー(ロイター=共同)
 ASEAN外交を展開する中国の習近平国家主席(左)=17日、ミャンマー・ネピドー(ロイター=共同)

 【シンガポール=森浩】中国の巨大経済圏構想「一帯一路」が生む債務の負担が問題化する中、東南アジア諸国連合(ASEAN)の有識者の6割が一帯一路に不信感を抱いていることが21日までにシンクタンクの調査で明らかになった。中国の政治的影響力を懸念する声も上がる。中国の覇権主義に対する東南アジアの警戒心があらわになる一方、日本への期待も浮き彫りになった。

 調査はシンガポールのシンクタンク、東南アジア研究所(ISEAS)が行った。ASEAN加盟10カ国の政府関係者や学識経験者、非政府組織(NGO)関係者ら1308人を対象にした。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください