矢板明夫の中国点描

蔡氏「中華民国台湾」の真意

民進党の集会に集まった蔡英文総統の支持者ら。「台湾を守る」という文字が見える=9日、台湾・宜蘭県(共同)
民進党の集会に集まった蔡英文総統の支持者ら。「台湾を守る」という文字が見える=9日、台湾・宜蘭県(共同)

 「芒果乾」。最近の台湾の流行語だ。素直に読めば「ドライマンゴー」という意味だが、発音がよく似ている「亡国感」の隠語として使われる場合がほとんどだ。

 「国が亡(ほろ)ぶ感覚」という不安が昨年末から総統選が行われた1月11日まで、台湾全体を覆っていたといっても過言ではない。そして選挙が終わった今でも、こうした危機感は台湾人の心から消え去ることはない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください