黒瀬悦成の米国解剖

「茶番」の弾劾裁判 トランプ氏は米民主主義を守った

5日、米上院でのトランプ大統領弾劾裁判で、無罪判決を出した議場の様子を伝えるテレビ映像(AP)
5日、米上院でのトランプ大統領弾劾裁判で、無罪判決を出した議場の様子を伝えるテレビ映像(AP)

 トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる弾劾騒動がようやく終結した。

 トランプ氏を失脚させようと血道を上げてきた民主党勢力とリベラル系のメディアは「民主政治の危機だ」「トランプなら何をしても許されるのか」と悲憤慷慨(ひふんこうがい)の色を隠さない。

 しかし、当初からある程度予想された通り、トランプ氏が上院の弾劾裁判で有罪評決を受け罷免されるに至らなかったのは、そもそも今回の裁判が、民主党が弾劾に値しない事実を根拠にトランプ氏降ろしを画策するという「茶番」だったからに他ならない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください