米やフランスで露骨なアジア系差別 タクシー乗車拒否、地下鉄で暴行

ニューヨーク市警が今月4日に公開した、マスクをしたアジア系の女性が黒人男性に暴行される動画(ニューヨーク市警のツイッターから)
ニューヨーク市警が今月4日に公開した、マスクをしたアジア系の女性が黒人男性に暴行される動画(ニューヨーク市警のツイッターから)

 中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大で、米国やフランスなどでアジア系住民への差別や嫌がらせが相次いで起きている。タクシーの乗車拒否やマスク姿の女性への暴行のほか、カナダでは中国系の生徒を通学させないようにする動きも報告された。未知のウイルスへの恐れと警戒が人々の日常生活に深刻な影を落としている。

 15日付の米紙ニューヨーク・ポスト(電子版)によると、あるタクシーの運転手は「気の毒に思うが、中国系の乗客をみるとそのまま通り過ぎる」と話し、配車大手ウーバーの運転手は取材に中国系が多い地域ではアプリを無効にしていると明かした。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください