バイデン氏復活の理由 民主党は“社会党”ではない 黒瀬悦成

妻(後方)を伴って演説するバイデン前副大統領=3日、ロサンゼルス(AP)
妻(後方)を伴って演説するバイデン前副大統領=3日、ロサンゼルス(AP)

 鮮やかな「カムバック劇」となった。米大統領選の民主党候補指名を争う3日のスーパーチューズデーで予想以上の大健闘をみせ、一夜にして最有力候補に返り咲いたバイデン前副大統領(77)である。

 バイデン氏は、指名争いの最初の3戦は振るわず、「民主社会主義者」を自称する急進左派、サンダース上院議員(78)が先頭走者に躍り出るのを許した。

 複数の選挙専門家はバイデン氏を早々に「ゾンビ(生けるしかばね)候補」などと名付け、撤退は時間の問題とみなし始めていた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください