東京五輪開催へ前向きなIOCバッハ会長に「楽観しすぎ」と専門家 

4日、会見するIOCのバッハ会長=スイス・ローザンヌ(ロイター)
4日、会見するIOCのバッハ会長=スイス・ローザンヌ(ロイター)

 【ローザンヌ(スイス)=板東和正】新型コロナウイルスの感染が拡大する中で開かれた国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、バッハ会長は7月24日の東京五輪の開催に前向きな姿勢を繰り返しアピールした。ただ、感染状況が改善する見込みはなく、専門家から「IOCは新型コロナウイルスを楽観しすぎている」との指摘が上がっている。

 「大会の成功に全力を尽くす」

 バッハ氏は4日の理事会終了後の記者会見でそう力を込めた。会見では、新型コロナウイルスの感染が世界各地に広がっているだけに、記者が「(この状況下で)なぜ開催に自信を持てるのか」とバッハ氏を問い詰める場面が目立った。