新型コロナ フランスで外出禁止令初日 悪質な違反に4万円超の罰金

検問を行う警察官=17日、パリ(ロイター)
検問を行う警察官=17日、パリ(ロイター)

 【パリ=三井美奈】新型コロナウイルスの感染対策で17日、フランス全土で外出制限が始まった。カスタネール内相は「欧州で最も厳しい措置だ」と述べ、全国で10万人の警察官を動員し、国民の移動を取り締まる方針を示している。

 外出は(1)仕事に必要な移動(2)生活必需品の買い物(3)子供や病人の世話-などの場合に限定され、原則として禁止される。外出時はそれぞれの用件を示し、名前と住所を記入した証明書が必要。違反者への罰金は135ユーロ(約1万6千円)。18日の政令で悪質な違反には最高375ユーロ(約4万4千円)を科すと定められた。内務省が証明書の書式をネットで公開した途端、アクセスが殺到した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください