石平のChina Watch

ネット世論に敗れた共産党

北京市内を視察し、マスク姿で手を振る中国の習近平国家主席(右手前)=2月10日(新華社=共同)
北京市内を視察し、マスク姿で手を振る中国の習近平国家主席(右手前)=2月10日(新華社=共同)

 中国では新聞、テレビ、出版などの関連部門が一口に「宣伝戦線」と呼ばれて、共産党中央宣伝部の統一指揮下にある。

 中央宣伝部が何らかの方針を決めると、全国の「宣伝戦線」が一糸乱れず動き出して計画的な宣伝活動を行っていくのが、その特徴である。

 だが最近、この「宣伝戦線」で考えられないような乱れが生じてきている。

 2月下旬、新型コロナウイルスが全国で猛威を振るっていた最中、中国の「宣伝戦線」は一斉に今月1日に出版予定の本の予告宣伝を始めた。書名は『大国戦“疫”(疫病と戦う大国)』、内容は、人民を率いて新型コロナと戦う共産党政権を褒めたたえるものである。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください