緯度経度

韓国大統領 災い転じて福、となるか 黒田勝弘

韓国・天安の「生活治療センター」を視察する文在寅大統領(中央)=12日(韓国大統領府提供・共同)
韓国・天安の「生活治療センター」を視察する文在寅大統領(中央)=12日(韓国大統領府提供・共同)

 韓国では新型コロナウイルスの感染状況というか拡散状況が地域別を含め時々刻々、テレビの画面で伝えられている。挙国ムードの防疫体制なのでさもありなんだが、まるで選挙の際の開票速報を見るような感じである。国民はこの数字の変化を見ながら一喜一憂している。

 ところでこの数字を最も熱心に見ているのは文在寅(ムン・ジェイン)大統領かもしれない。韓国は4月15日に総選挙(国会議員選挙)の投票を控えており、新型コロナ事態の政治的影響が大いに気になるからだ。結果しだいで政権の今後が危うくなるため、文大統領は気が気でない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください