韓国大統領、五輪延期に安堵? 南北統一チーム実現に猶予期間

文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)
文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)

 【ソウル=名村隆寛】東京五輪・パラリンピックの延期について、韓国では大韓体育会(韓国オリンピック委員会)が「国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会の決定を尊重する」と表明している。その一方、出場選手や北朝鮮との統一チーム結成の問題、日本が置かれた状況への複雑な思いも渦巻いている。

 「延期決定が世界の五輪出場選手に公正な機会と原則に基づき適用されることを期待する。選手、参加者が安全な状態で開催されるよう引き続き協力する」。大韓体育会の立場は常識的で淡々としたものだ。韓国代表選手や監督ら競技の現場からは、新型コロナウイルスへの感染問題から「仕方がない」という意見とともに、他の参加国と同様、「残念」「当惑している」といった声が聞かれる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください