久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

トランプ米大統領にモノ申す金正恩氏の妹、金与正氏の地位

2018年4月、文在寅大統領との会談に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と妹の金与正氏=板門店(韓国共同写真記者団撮影)
2018年4月、文在寅大統領との会談に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と妹の金与正氏=板門店(韓国共同写真記者団撮影)

 金正恩委員長の妹、金与正(ヨジョン)氏が相次いで談話を発表、文在寅韓国大統領、トランプ米大統領にモノ申して注目されている。文大統領には「青瓦台(韓国大統領府)の低能な思考に驚愕(きょうがく)」という強烈な批判を投げつけ、金正恩氏に親書を出したトランプ大統領には「個人的親交関係をみてうかつに評価してはならない」などと冷や水を浴びせた。それにしても補佐役だった金与正氏が、いまなぜ前面に出てきたのか。金正恩氏の健康不安説、権力中枢の側近不信説などの異変説が絶えない。

文在寅大統領には「青瓦台は低能」、トランプ大統領には「個人的な親交に期待すべきではない」

 金与正氏は3月3日、文大統領をまるで嘲笑するような談話を出した。北朝鮮は前日の2日、江原道元山で軍の火力戦闘訓練を実施し、韓国はこれに「遺憾」表明を出していた。

 金与正氏は談話で「南の青瓦台から『強い遺憾』だの『中断要求』だの(中略)僭越(せんえつ)なふざけた行為だ」と切り込んだ。つまり、韓国は米韓軍事演習を行い先端兵器を装備しているのに「盗人たけだけしい」というわけだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください