久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

韓国総選挙、文在寅与党に新型コロナの追い風

韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
韓国の文在寅大統領(聯合=共同)

 4月15日に迫った韓国総選挙は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の左派与党「共に民主党」が新型コロナウイルス対策で選挙戦を有利に進め、勝利の予測が相次いでいる。疑惑が次々と浮上することから「タマネギ男」と揶揄されたチョ・グク前法相のスキャンダルや、経済面での失策に対する批判は、「韓国が提供している検査キットは国際的に高い評価」「国民の7割に100万ウォン(約8万8000円)支援」などのキャンペーンに掻き消えている。左派が勝てば、文政権は残り2年の任期で後継政権作りを最優先する。選挙戦で保守派は「韓国の民主主義が問われるべきだ」と文政権の独善政治を批判し、左派の優勢に危機感を募らせている。

■ウイルス蔓延で隠された失敗

 文政権の人気挽回の理由は、国民の約70%にあたる1400万世帯に100万ウォンを支給するという「緊急災害支援金」や、日雇い労働者などの社会的弱者20万人に2カ月間、月額50万ウォン(約4万4千円)支給する生活安定支援金など、現金“ばらまき”政策だ。政権側は「高齢者や社会的弱者」への配慮を強調し、「社会のセーフティーネット作り」「人々の権利」「公共性」といった聞こえのいいキャッチフレーズで有権者を引き付けている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください