解読

コロナ後の世界、主導狙う中国 中国総局長・西見由章

 世界で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するのを尻目に、発生源となった中国は湖北省武漢市の都市封鎖を解除するなど正常化に向けた動きを強めている。習近平指導部は、中国当局による初動の遅れが生んだ「世界的人災」との批判を巧妙にかわし、各国への援助外交を通じて大国としての存在感を高める構えだ。自国主導の世界秩序への再編をもくろむ中国に死角はないのか。

                  

 ■党内の習氏批判、外交で巻き返し

 「感染症を制御できず、ましてや国際社会に拡散させることになれば、われわれは中国の国家指導者として13億人の中国人民と各国人民に申し訳が立たない」

 3月10日に習近平国家主席が封鎖された武漢市を初めて視察した直後、中国のインターネット上で拡散した「国家指導者」の発言は習氏のものではなかった。2003年10月、胡錦濤(こ・きんとう)国家主席(当時)が同年7月に終息した重症急性呼吸器症候群(SARS)への対応について、バンコクでの記者会見で語った内容だ。

 中国では厳しい言論統制が敷かれている。現指導部に対する、遠回しだが痛烈な批判にほかならない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください