新型コロナでも挑発の中国に対抗か 米艦、台湾海峡の中間線越え

米海軍横須賀基地に入港するイージス駆逐艦バリー=2016年3月14日午後、神奈川県横須賀市
米海軍横須賀基地に入港するイージス駆逐艦バリー=2016年3月14日午後、神奈川県横須賀市

 米海軍が駆逐艦を台湾海峡の中間線の中国側で航行させた背景には、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、台湾周辺や南シナ海などで拡張主義的な行動をやめない中国に圧力をかける狙いがありそうだ。米海軍は空母4隻で感染者が確認され即応態勢に疑念が持たれかねない状態でもあり、中国軍のさらなる挑発行動を阻止したい思惑もうかがえる。

 米海軍は2018年後半以降、ほぼ月1回の頻度で艦艇に台湾海峡を通過させている。米海軍が通過しない月には英国、カナダ、フランスの艦艇や公船が通過してきた。米海軍の通過は月の下旬が多く前回は3月25日だったことから、今回は通常の通過と異なる意義付けも見受けられる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください