WHOを“利用”した中国…拠出金停止でアメリカの追及が始まる

テドロスWHO事務局長=スイス・ジュネーブ(AP)
テドロスWHO事務局長=スイス・ジュネーブ(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権が14日、世界保健機関(WHO)に対する資金拠出の停止を発表したのは、中国が新型コロナウイルス感染をめぐる初動の不手際の隠蔽や、逆に感染対策が成果を上げているとする政治宣伝にWHOを利用し、ウイルスを世界に拡散させた責任の回避を図っている問題を厳しく追及する姿勢を打ち出したものだ。

 トランプ氏はホワイトハウスでの記者会見で「WHOが感染発生の段階で医療専門家を中国に派遣し、現地で何が起きているかを客観的に調査する一方、中国の透明性の欠如を非難していれば、感染は発生地に封じ込められ、死者も少なくて済んだ」と批判した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください