中国、5連休スタートで延べ1億人超が移動へ 故宮も3カ月ぶり再開

1日、約3カ月ぶりに再開した北京の故宮博物院(旧紫禁城)で、記念撮影をする来場者(三塚聖平撮影)
1日、約3カ月ぶりに再開した北京の故宮博物院(旧紫禁城)で、記念撮影をする来場者(三塚聖平撮影)

 【北京=三塚聖平】中国で1日、労働節(メーデー)の5連休が始まった。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかったと判断されて初の大型連休で、中国政府は連休期間中に延べ1億人超が旅行などのため移動すると見込む。

 この日は、北京の人気観光地「故宮博物院(旧紫禁城)」が約3カ月ぶりに一般開放されるなど観光再開の動きも始まったが、感染の再拡大に神経をピリピリとがらせている様子もみられた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください