韓国クラブ集団感染、公開が裏目に…連絡途絶3千人超

集団感染が発生し、一時閉鎖されたクラブ=8日、ソウル(共同)
集団感染が発生し、一時閉鎖されたクラブ=8日、ソウル(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】新型コロナウイルスの感染押さえ込みに成功したといわれてきた韓国が、ソウルの歓楽街のクラブを中心にした集団感染に揺れている。連絡がつかないクラブ来店客も多い。個人情報の露出を恐れているとみられ、積極的な情報公開が奏功してきた感染封じ込め策も見直しを迫られている。

 ソウル・梨泰院(イテウォン)のクラブに絡む感染者は12日現在、102人。他の人との接触が多い看護師やデパート、コールセンターの職員、軍人も含まれ、首都圏を中心に感染者は南部の釜山(プサン)や済州島(チェジュド)まで広がっている。20代の客が80代の祖母に感染させた例も確認された。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください