中国、国際機関使い多数派工作 WHO総会

WHO年次総会の冒頭で発言する中国の習近平国家主席=18日(WHOのホームページより)
WHO年次総会の冒頭で発言する中国の習近平国家主席=18日(WHOのホームページより)

 【北京=西見由章】中国が世界保健機関(WHO)年次総会への台湾のオブザーバー参加に反対しているのは、「一つの中国」原則を認めない蔡英文政権に圧力をかけるためだ。大国としての国際貢献を旗印に国際機関への影響力強化を図ってきた中国だが、本当の狙いは「国際ルールの制定において、より多くの中国側の主張や要素を注入する」(習近平国家主席)ことにほかならない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください