トランプ氏、WHO脱退を示唆 「中国からの独立を示せ」

新型コロナウイルス関連会議で発言するトランプ米大統領。左はペンス副大統領=18日、ホワイトハウス(ロイター)
新型コロナウイルス関連会議で発言するトランプ米大統領。左はペンス副大統領=18日、ホワイトハウス(ロイター)

 トランプ米政権は今年の世界保健機関(WHO)総会をめぐり、「中国の操り人形」(トランプ大統領)と化したWHOが新型コロナウイルスへの対応を誤ったせいで世界に大惨禍を引き起こしたとして、WHOおよび中国の責任を徹底的に追及していく立場を打ち出した。

 トランプ氏は、WHOのテドロス事務局長に対して「30日以内で組織を改革しなければ米国は資金拠出を恒久停止する」と警告した18日の書簡で、新型コロナをめぐるテドロス氏とWHOの「中国寄り」の対応を実例を挙げて批判し、「WHOが前進する唯一の道は、中国(の影響)から独立していることを具体的に示すことだ」と迫った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください