石平のChina Watch

「脱中国化」既に世界潮流

北京市中心部にあるビルの建設現場にも人の姿が戻り始めている=4月14日(三塚聖平撮影)
北京市中心部にあるビルの建設現場にも人の姿が戻り始めている=4月14日(三塚聖平撮影)

 4月以来、「脱中国化」という言葉が中国メディアに頻繁に登場してきてホットな話題となっている。

 それは主に世界経済の「脱中国化」を指しているが、例えば先月15日、新京報という有名全国紙は「グローバル的なサプライチェーンの脱中国化を防ごう」と題する記事を掲載した。米中貿易戦争開始後、特に新型コロナウイルスの世界的な蔓延(まんえん)以来、各国企業が生産拠点を中国から東南アジアなどへ移した結果、サプライチェーンが中国から離脱していく動きを紹介しながら、中国がいかにしてこの流れを止めるのかを説いた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください