米報告書は日本への警告 中国、軍事的優位に「自信」

 ワシントンの「戦略予算評価センター」(CSBA)が日中の「海軍力」を比較した報告書「日本の海洋パワーに対する中国の見解」は、日本が今、海洋で直面する中国の軍事的脅威に対する米国からの警告だといえる。

アジア最強のはずが…完全に逆転

 報告書の作成者、トシ・ヨシハラ氏は米海軍大学校の教授を長年務め、中国の海洋戦略研究で米有数の権威とされる。トランプ米政権にも近い立場にある。日系米人だが台湾育ちのため中国語が堪能で、今回の研究も中国側の資料などを基礎とした点に特徴がある。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください