コロナ 台湾に学ぶ

「先手防疫」に貢献の荘銀清医師 インタビュー詳報

台湾の新型コロナ対策に大きな貢献を果たした荘銀清医師(台南市)
台湾の新型コロナ対策に大きな貢献を果たした荘銀清医師(台南市)

 台湾の疾病対策センター傘下の病院ネットワーク「台湾感染症予防治療医療網」の指揮官、荘銀清医師との主なやり取りは以下の通り。

 --武漢に行った理由は

 「偶然なことではなかった。台湾は世界保健機関(WHO)のメンバーではないので、感染症に関する情報は常に不十分だ。2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行し、大きな被害を受けた経緯があった。それ以降、私たちは世界各地の感染症に大変敏感になっていて、新型コロナだけではなく、鳥インフルエンザなどを含めて、感染症がどこかで広がっているという噂があれば、すぐに臨戦態勢をとる習慣ができていた」