香港、街頭デモ1年 「頑張れ」から「建国せよ」に変容 当局、国家安全法で取り締まりへ

「香港独立」の旗が目立った今年の元日デモ(藤本欣也撮影)
「香港独立」の旗が目立った今年の元日デモ(藤本欣也撮影)

 【香港=藤本欣也】香港の反政府デモは103万人(主催者発表)が集まった昨年6月9日以降、反中国共産党デモや民主化要求デモの色合いを強めながら継続してきた。当初、「香港人、頑張れ!」だったスローガンも、今では「香港人、建国せよ!」と大きく変容した。言論や集会の自由に制限を加える「国家安全法」の施行が迫る中、香港の街頭デモは新たな対応を迫られている。

 昨年6月9日の「100万人デモ」や、16日の200万人(同)デモでは、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への反対や、民意を無視する林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官の辞任を求める声が大半だった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください