台湾日本人物語 統治時代の真実

(9)「幻の甲子園」に出た台北工業

昭和17年に文部省主催で開かれた全国中等学校野球大会。「幻の甲子園大会」といわれてきた
昭和17年に文部省主催で開かれた全国中等学校野球大会。「幻の甲子園大会」といわれてきた

 高校球児が各地方大会で熱戦を展開している。だが今年はその先に全国大会(甲子園)はない。新型コロナウイルス禍によって、春のセンバツも、夏の選手権大会も中止になった。

 夏の大会が中止となるのは、戦時色が濃くなった「昭和16(1941)年以来」と報じられた。高野連HPの大会小史を見ると、さらに、《17年~20年第2次世界大戦のため中絶》とある。これに異議を唱える向きがあるかもしれない。17年は、イレギュラーな形ながら後に“幻の甲子園”と呼ばれる大会が開催されていたからである。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください