宮家邦彦のWorld Watch

ルビコンを渡り始めた米中

米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領=7月14日(AP)
米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領=7月14日(AP)

 過去2週間で米中は一線を越えつつある。新型コロナ感染で悪化した両国関係はポンペオ国務長官演説や総領事館相互閉鎖などにより一層険悪化している。

 勿論(もちろん)、米国内での中国スパイ活動は昔からあった。通常なら「好ましからざる人物」として国外追放すれば済む話だ。大統領選挙向けの「中国たたき」という側面はあるが、それでも領事館閉鎖は国交断絶手前の象徴的措置。これは米国の強い不快感の表明と見るべきだろう。