論点直言 李登輝氏なき世界

台湾めぐり米中、日本、世界…どう動くか

 台湾で初の直接選挙による総統を務め、「台湾民主化の父」と呼ばれた李登輝元総統が7月30日に97歳で死去した。李氏は、中国から「台湾独立派」と批判されながら台湾に安定的な政治体制と繁栄をもたらした。日本統治時代に日本式の教育を受け、親日家として知られた李氏は、日本を始めとするアジアの多くの民主主義国の人々に大きな影響を与えてきた。李氏が政治家として遺(のこ)したものは何か、「李登輝なき台湾」や世界はどこに向かうのかを、日本とシンガポールの識者に聞いた。

東京大学東洋文化研究所・松田康博教授
東京大学東洋文化研究所・松田康博教授

「米中新冷戦で台湾に戦略的価値」東大・松田康博教授

 新型コロナウイルス対策や香港の国家安全維持法施行、米中関係の悪化などで台湾が国際社会の注目を集めたまさにその時、「台湾民主化の父」とされた李登輝元総統が亡くなった。

 李氏をよく知らない台湾の若者も、報道やネットで台湾の民主化過程や国際社会からの高い評価に触れるきっかけとなり、台湾内部でも反響は大きかった。