習近平氏、食べ残し禁止を指示 レストランの大量注文や大食い動画の規制も

習近平国家主席の重要指示を受け、大量の料理を食べる様子を見せる動画が批判されている(三塚聖平撮影)
習近平国家主席の重要指示を受け、大量の料理を食べる様子を見せる動画が批判されている(三塚聖平撮影)

 【北京=三塚聖平】中国の習近平国家主席が今月中旬、食べ残しなど飲食の浪費行為の防止を自ら指示した。それを受け、レストランでは人数分より少なく注文するよう呼びかけられているほか、インターネット上で流行している大食い動画を規制する動きも出ている。今夏に中国を襲った豪雨やバッタ発生による被害のほか、中長期的にも食料不足が懸念されていることが背景にあるとみられる。