国際情勢分析

米大統領選報道の落とし穴 世論調査は民意を見抜けるか  

米南部ケンタッキー州で行われた大統領予備選で投票する市民 =6月23日(ロイター)
米南部ケンタッキー州で行われた大統領予備選で投票する市民 =6月23日(ロイター)

 11月3日の米大統領選が近づく中、多くのメディアが世論調査の数字を使って選挙情勢を分析している。共和党のトランプ大統領が再選を果たすのか、それとも民主党のバイデン前副大統領が勝利するのか―。その結果を占う上で世論調査は欠かせないが、調査データにはいくつかの落とし穴がある。(外信部 坂本一之)

データの精度に課題

 「大統領が閣僚メンバーを選ぶときは、もちろん世論調査で人気ぶりをチェックする」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください