文大統領、心はコロナと南北打開のみ 中国に足もと見られ

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、北朝鮮との関係悪化などで外交が行き詰まる中、中国の習近平国家主席の訪韓実現に期待を懸けてきた。中韓で新型コロナウイルス対策の成果をアピールする狙いに加え、文政権は、南北関係打開に向けた支援を習政権から取りつけたいとの焦りがにじむ。ただ、米中対立が激化する中で、中国に傾きすぎることを懸念する声は韓国内でも上っている。

米韓に「くさび」機会逃さぬ中国

 中国外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)共産党政治局員は22日、韓国大統領府の徐薫(ソ・フン)国家安保室長との会談で「互いに重要な隣人で協力のパートナーとして今後も協力を続けていく」と強調した。文大統領が最重視してきた北朝鮮問題での協力を明言することも忘れなかった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください