ソウルから 倭人の眼

この期に及んでも「日本と話し合う」…徴用工問題で自縄自縛の韓国

15日、ソウルで開かれた「光復節」式典で演説する途中、水を口にする韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
15日、ソウルで開かれた「光復節」式典で演説する途中、水を口にする韓国の文在寅大統領(聯合=共同)

 日本の朝鮮半島統治からの解放75年に当たる「光復節」の15日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は記念式典での演説で、いわゆる徴用工問題について、やはり「解決に向けた対話」を日本に呼びかけた。徴用工訴訟で韓国最高裁が新日鉄住金(現・日本製鉄)に賠償を命じた確定判決からほぼ1年10カ月。当時から、請求権問題の「完全かつ最終的」な解決が1965年の日韓請求権協定で定められていることが分かっているにもかかわらず、文氏は日本に対し同じ言葉を繰り返すばかりだ。(ソウル 名村隆寛)

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください