ロシアを読む

〝世界初〟の新型コロナワクチン「スプートニク」に潜む当局の思惑

ロシア国内で開発され、露政府が世界で初めて承認した新型コロナウイルスのワクチン。治験が不十分だとしてリスクも指摘されている(ロイター)
ロシア国内で開発され、露政府が世界で初めて承認した新型コロナウイルスのワクチン。治験が不十分だとしてリスクも指摘されている(ロイター)

 ロシア政府は今月、国内開発された新型コロナウイルスのワクチンを世界で初めて承認した。ワクチンには、旧ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星「スプートニク」の名が冠された。ただし露政府は、各国で行われている臨床治験の最終段階を省略してワクチンを承認。そのため、国内外からは安全性や有効性を疑問視する声が出ている。ロシアが承認を急いだ背景を、露メディアや専門家は「世界初という“偉業”の誇示という政治的な思惑がある」と分析している。(モスクワ 小野田雄一)

プーチン氏の娘も接種

 ロシアの新型コロナワクチン承認は、11日に国営テレビが中継した露政府のビデオ会議で報告された。

 会議では、ムラシコ保健相が「臨床治験でワクチンは高い効果が確認された」と報告。予防効果は2年間継続すると説明した。ワクチンは当初、医療従事者や学校教員、抵抗力の弱い高齢者らに優先的に接種するとの方針も示された。

 会合に出席したプーチン大統領は、自分の娘の一人がこのワクチンを接種したと明らかにし、「接種後、彼女は多少熱が上がったが、すぐに下がって気分が良くなった。抗体獲得力は高い」と評価した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください