「第2のチョ・グク」か 韓国女性法相に子供の特恵疑惑

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の秋美愛(チュ・ミエ)法相の息子が兵役中に特別待遇を受けていたとの疑惑をめぐって野党やメディアが追及を強めている。兵役での不公平な扱いは国民の反発を招きやすく、娘の不正入学疑惑などで辞任し、起訴された前任のチョ・グク被告問題の再演だと指摘されている。ただ、疑惑を捜査中の検察は秋氏の手で大幅な幹部入れ替えが行われ、政権に不都合な捜査は進まないとの見方も強い。

兵役の休暇延長に介入?

 焦点となっているのは、秋氏が与党代表を務めていた2017年6月、在韓米軍の支援部隊で兵役に就いていた息子が、当初の病気休暇期間が過ぎても部隊に戻らず、延長分を含めて計23日もの休暇が認められたことをめぐる疑惑だ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください